JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
読み物・エッセイバックナンバー イタリアスポーツ万歳
21 June 2001

9. (最終回) F1はエンターテーメント?

今野 里美


photo
イタリアのスポーツ新聞各種



F1というスポーツが、純粋なスポーツとしての大会からエンターテーメントになりつつある(すでになってしまった?)のは、オリンピックやサッカーといったスポーツイベントと同じ避けることのできない現象である。それによりF1というスポーツは世界のプロスポーツ選手の中で、年俸ランキングナンバーワンのレーサーを作り上げたし、テレビ放映権や巨大スポンサーの動かす額は想像を絶するほどである。PRや報道、出版といった周辺ビジネスも確立し、アメリカがこのスポーツに目をつけてからというもの、その恩恵を受けて喜んでいる関係者も確実に多いはずである。

しかしF1は本当に映画産業と同じ『エンターテーメント』なのだろうか?確かにF1レーサーは映画界の俳優の存在にあたるし、チームマネージャーは映画監督の役割をこなしている。観衆がチケットを買って見に行くイベントには変わりないから、エンターテーメント、あるいはショービジネスと言っても過言はないのかもしれない。映画産業の中でハリウッド映画界の影響力は絶大となり、いまや無視できる存在ではないのが事実だが、その一方で行き過ぎとも言える商業主義を揶揄し、芸術性の欠如を批判するヨーロッパの映画界(ハリウッド以外の、というべきか)が存在するのも確かだ。ヨーロッパの映画関係者がハリウッドをうまく利用しているように、ヨーロッパ生まれのF1もアメリカの存在を利用しながら、一歩離れたところで頑固に自らの位置付けを維持し続けるだろう。

自動車大国に成り果てたアメリカや日本のモータースポーツとは歴史も格も違うという自負と、F1マシンの生産はアメリカや日本には今のところ到底真似できないという事実があるからだ。年々派手になるお祭り騒ぎをよそ目に、最先端のテクノロジーを駆使し百分の一秒のスピードの差を追い求める技術者にとって、F1は己の技の競い合いの場でしかない。自分の作った車を誰よりも速く走らせることを純粋な子供のように競う彼らにとって、興行収入や放映権は何の意味も持たない。売れるものを作る国と、いいものを作る国との違いはここにも現れている。



著者プロフィール

今野 里美(こんの さとみ)
東京外国語大学イタリア語学科卒業。翻訳・通訳兼フリーライター。主な訳書に「アズーリの歴史」ケイブン社。


 



読み物・エッセイ バックナンバー イタリアスポーツ万歳
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.