JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
トラベルインタビュー
 
月5回発行、
JITRAメルマガ
登録はここから!

メ-ルアドレス入力

メルマガ案内

16 aprile 2007

イタリア最大のB&B全国組織
家庭的雰囲気で旅行者を迎える宿泊形態を提案


ベッド&ブレックファースト・イターリア
Bed & Breakfast Italia



近年、イタリアを旅行する個人旅行者の間で注目されている宿泊形態がB&B。ローマに本部を持つイタリア最大の B&B全国組織であるB&B Italiaの代表、ヴィンツェンツォ・ポンテーリオ  Vincenzo Ponterio 氏にお話をうかがった。

●"Bed & Breakfast"(ベッド&ブレックファースト)とは何ですか。この宿泊形態の沿革や特色教えていただけますか。
B&Bとは、直訳すると「ベッドと朝食」となりますが、実際にはこのアングロサクソン的な定義よりも沢山の意味を持っています。温かく清潔で家庭的な雰囲気の中で訪問者をむかえるオープンなホスピタリティを核とする一つの哲学ともいえると思います。
北ヨーロッパ諸国では20世紀の初めに、B&Bのコンセプトはこのように認識されました。北欧諸国が従来の宿泊施設とはまったく異なる新しい形態を開発し、現在では世界中で評価・認識されるまでになり、たとえばアイルランドでは、国内ツーリズム市場の約20%をこのB&Bが占めるまでになっています。
   

私たちBed & Breakfast Italia が目的とするのは、この友情とホスピタリティの価値を広く普及させることなのです。
そして、このB&Bは、古いツーリズムのフォームラ(形式)と定義することもできましょうが、同時に非常に現代的な形態でもあると考えています。もちろん、B&Bがいわば最も古いホスピタリティの形態であることは疑問の余地がありません。過去において、ホテルや旅館といった宿泊施設の存在しなかった時代には、ホスピタリティの場所は常に一般家庭であり、あるいはロカンダでした。いずれも家族的な雰囲気の中で無料あるいは有料で宿泊したのです。何世紀もたち、多くの事柄は変化し変容していきましたが、このフォームラはホスピタリティの提供者と利用者の間に自然に生まれる個人的な関係を特色としていることはかわりありません。
これこそが現在でもB&Bと従来からの宿泊施設との違いとなっているのです。そして現在では、もてなしの姿勢および清掃・清潔さに関してこれまで以上の高い水準を大事にしています。
   


●B&Bのメリットは何でしょうか。一方、ホテル等と比べて、問題点は?
第一のメリットは宿泊料金でしょう。ホテルと比較して少なくとも30〜40%は価格が低いのです。第二に私どもB&B ITALIAの加盟B&Bについては施設の品質管理を常に行っています。第三に、何日間をイタリア固有の社会的・文化的な環境に置くことで「イタリアをイタリア人の視点で見る」ことが可能となりなり、他ではできないユニークな経験を可能とします。第四に多くのB&Bは、各都市の観光名所の近くという便利な立地条件を持っています。
一方、性格上、一つのB&Bには最高3部屋までしかありませんので、同時期に同じB&Bに多数をお泊めすることはできません。また、ホテルに期待するようなサービスや設備を提供することはできません。B&Bの限界も知った上でご利用いただければと思います。

●B&B Italiaとは何ですか。どのような活動をしているのですか。
Bed & Breakfast Italiaは、B&Bの分野ではイタリアで最大のネットワークであり、現在 イタリア全国約1600件のB&Bが加盟しています。1995年に、マーケティングおよびツーリズムの専門家チームが結成した組織であり、世界中に知られ評価されている宿泊のフォームラをイタリアにも導入することを目的としています。
現在はパリおよびブラジルのリオ・デ・ジャネイロにも支部を開設し、これらの都市でも地元の地方行政と協力の上、同様な活動を展開しています。昨年 イタリアの経団連コンフィンヅストリアConfindustria下にあるイタリア最大の旅行業界団体「イタリア観光連盟」Federturismoのメンバー団体ともなりました。  
   

●主なターゲットはどのような旅行者でしょうか。代表的なプロフィールを教えてください。
私ども連盟の調査部門の調べでは、B&Bを利用する旅行者の国籍としては、イタリア、フランス・ベルギー、ドイツ・オーストリア、米国・カナダ、英国・アイルランドの順となっています。最近はスペインやオランダの方も利用してくれています。いずれの国籍でも大都市に住む方が大多数を占めています。
年齢的には、20歳〜49歳が中心。性別は男性女性ほぼ半々。職業としては学生、主婦、会社員、経営者、商業者、専門自由職など。 教育程度は「中-高学歴」あるいは「高学歴」、ライフスタイルは「リベラル」「ラディカル」、性格としては「自由」「活動的」。そしてインターネットのヘビーユーザーであることが特色です。

●そちらのシステムを使ってB&Bを選び、予約するにはどうしたらよいのですか。
予約システムはとても簡単でスピーディで経済的です。予約サイトをみれば希望宿泊日に利用できるすべてのB&Bが表示され、写真も説明文もみることができます。現在サイトは5ケ国語です。オンライン上でシンプルなプロセスを経て、予約をすることができます。
あるいは、ローマにある私たちの連盟のコールセンターへの電話でも予約可能です。

●日本の旅行者に特に何かメッセージなどありませんか。
日本の皆さんがB&Bの楽しみを発見してくださることをお待ちしています。我々としては皆さんの期待に応えるサービスを提供するよう尽力したいと思っています。ご利用をお待ちしています。

プロフィール
ヴィンツェンツォ・ポンテーリオ Vincenzo Ponterio
ミラノのボッコーニ大学経営学部卒。マーケティング専攻。1996年にBed & Breakfast Italiaを創立し、会長となり現在に至る。2004年にはパリ支部を開設し、パリ市役所公式パートナーとしてパリにおける"B&B"(仏語では"Hote Qualite'")の普及に従事。イタリア各地の大学でツーリズム、マーケティング等の講師も勤める。


データ
Dati
ベッド&ブレックファースト・イターリア
Bed & Breakfast Italia


Address:Palazzo Sforza Cesarini, Corso Vittorio Emanuele II 282,
00186 Roma Italia
Tel: +39 06 68786180    Fax: +39 06 6878619
E-mail: info@bbitalia.it



http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.