logo
ピエモンテ州 各地域の見どころ
■クネオ Cuneo
ピエモンテ州 政府公式ページ

クネオ Cuneoの歴史はその8キロにも及ぶポルティコの中に描かれています。最初の部分のポルティコは背の低く、その後、背が高くなります。ポルティコのある通りの散策すは古き過去への散策となります。すなわち、古く中世の時代、そして粋な1700年代、さらに19世紀末から20世紀初頭にかけてのベルエポック時代の漆喰と大理石でできたカフェなど。これらのカフェではクネージ・アル・ラム、アマレッティそしてマロン・グラッセなどの美味なお菓子を味わうことができます。

クネオの建築物の中でトップは、サン・フランチェスコ建築群Complesso di San Francescoです。ゴシック様式の堂々たる教会と今日では歴史と民俗学の市立博物館となっている僧院で構成されています。そのそばには1320年のサン・セバスティアーノ教会Chiesa di San Sebastianoと17世紀のユダヤ教寺院があります。サンタ・キアラ教会、サンタンブロージョ教会Sant'Ambrogioとサンタ・マリア教会はバロック様式の傑作であり、一方、クネオの聖堂は純粋なネオクラシック様式です。さらに、歴史的中心地のすべてに貴族の館が保存されており、中でも、18世紀建造物で市庁舎となっているパラッツオ・ディ・チッタには、最近修復を終えた古い市塔が立っています。

中世の町サルッツォ Saluzzoは、強い権力を持った侯爵領の古き首都であり、骨董品や芸術家具調度、修復家具などのイタリア有数の中心地の一つとなっています。14世紀から16世紀にかけてこの地に発達した文化を証明するものとして、大聖堂並びに、ブルゴーニャのゴシック様式の傑作である侯爵の墓地礼拝堂のあるサン・ジョヴァンニ教会Chiesa di S. Giovanniが残されています。15世紀のカヴァッサの家Casa Cavassaは、一時はサルッツォ侯爵に属していたもので、美しい扉口と堂々たる木の天井で知られています。現在は美術館となっており、古い調度品、高い価値を持つフレスコ画や絵画を所蔵しており、ハンス・クレマーのタブロー「ミセリコルディアの聖母(1499)は特に有名です。

サルッツォから2−3キロの場所には、フランスのシトー派修道会が1135年に建てた僧院の建物群である、サンタ・マリア・ディ・スタッファルダ大修道院 Abbazia di Santa Maria di Staffardaそして、マンタ城 Castello della Mantaがあります。この城は1400年代初頭のヨーロッパ宮廷のゴシック建築の壮麗な典型であり、中世騎士物語詩を描いた見事なフレスコ画でも知られています。

モンドヴィ Mondoviの町には1800年代に陶器の伝統が始まりました。今日この伝統は、特に、マッジョーレ広場の古い地区にある様々な職人工房の活動の中に継承されています。SSピエトロとパオロ教会Chiesa dei SS.Pietro e Paolo(1489)は、今ではこの町のシンボルとなっている大時計で有名です。18世紀中頃にモンドヴィの建築家フランチェスコ・ガッロが実現した聖ドナートに捧げられたバロック様式の大聖堂も比類のない美しさです。司教館には、16世紀にルーベンスの原画により製作されたタピストリーの傑作が所蔵されています。ティト・リヴィオの歴史からエピソードをとったものです。さらにそしてベルニーニ作とされる象牙製十字架像が所蔵されています。過去の魅惑を堪能した後は、ベルヴェデーレ Belvedere(展望台)に向かうことができましょう。シビック・タワーのそびえる素晴らしい庭園であり、平原およびアルプス山脈のたとえようもなく美しいパノラマを望むことができます。

クネオ観光協会
Atl Cuneo - Azienda turistica locale

Via Vittorio Amedeo II, 8, 12100 Cuneo
Tel: +39 0171 690217 Fax: +39 0171602773
info@cuneoholiday.com www.cuneoholiday.com


 
 
 

トリノの中心 トリノの見所サヴォイア王家の王宮郡:ユネスコ世界遺産
宗教建築物 教会、修道院、サクリ・モンティ湖と自然
スポーツワイン食文化伝統行事・イベントピエモンテ便利帳

アレッサンドリアアスティビエッラ湖水地域ランゲとロエーロ
ノヴァーラトリノ県ヴァルセシアとヴェルチェッリ|-->


ピエモンテ州 公式ページトップへ戻るJITRAトップページへ戻る Torna a JITRA Home Page

*このページの写真および掲載記事内容は、ピエモンテ州政府の所有するものです。
無断での複製はご遠慮下さい。

Su concessione di Regione Piemonte - Riproduzione vietata


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM - Milano 2000-2002 All rights reserved.