JAPANITALY Travel On-line

ティボリ  Tivoli
ユネスコ世界遺産を持つ芸術の町 
ティボリ
Tivoli, Citta' d'arte nel patrimonio Unesco





資料写真提供:ティボリ市
Con la collaborazione del Comune di Tivoli
ラツィオ州―ローマ県―ティボリ
Tivoli - Provincia di Roma - Regione Lazio
  photo1



ティボリは、人口約57000人、ローマの東30キロのところ、ティブルティーニ山の西の斜面に位置しています。紀元前1215年にその起源をさかのぼると言われ、かつてはティブールと呼ばれていました。アニエーネ川が滝となってローマ平野に注ぐ高みにあるこの美しく小さな町は、温暖な気候に恵まれている上、アブルッツォ州との交易支配に優位な場所にあったことから、古くから重要な場所として知られてきました。特に水が豊かなこの地には、各時代の大きな建築物が残っており、中でも、ヴィッラ・アドリアーナ、ヴィッラ・デステという古代ローマ時代とルネッサンス期を代表する二つのユネスコ世界遺産があります。


二つのユネスコ世界遺産

■ヴィッラ・アドリアーナVilla Adriana


photo2   photo3


古代ローマ皇帝ハドリアヌス帝別荘。2世紀、賢帝と呼ばれた皇帝ハドリアヌスは、最大に拡張した帝国領土を把握するため、属領への旅を繰り返しました。そして、そこで見聞したことを政治に活かすだけでなく、このティボリの地に別荘を建て、エジプトやギリシアなど各地で見た建物や景色を再現したのです。約300ヘクタールにも及ぶこのひとつの理想郷は、古代地中海世界の文化を表現したまたとない傑作と言えます。中世の時代に荒廃の憂き目に遇いますが、ルネッサンス期には"古代再発見"に重要な役割を果たし、以降の芸術家や建築家へ大きな影響を与えました。

その一部を紹介しましょう。
ポイキレPecile:アテネの庭園を模したもの。長方形の広い空間は高さ9m、長さ90mの壁に囲まれています。現在の別荘入口はここにあります。
カノプスCanopo:エジプトのアレッサンドリアとカノプスの町をつないでいた水路をイメージしたもの。
黄金広場Piazza d'Oro:51m×60mのこの広場には、別荘の中でも最も美しいモザイク模様の床が残っています。
海の劇場Teatro Marittimo:運河に囲まれた小さな島にある建物。皇帝が一人になるための場所だったと言われています。


■ヴィッラ・デステVilla d'Este

photo4   photo5


16世紀半ば、ティボリに隠遁したエステ家出身の枢機卿イッポリト・デステが建てた別荘。かつてベネディクト会修道院だった建物を住居とし、その周囲に大規模な庭園をつくりました。建築家ピッロ・リゴーリオがプロジェクトし、当時の著名な芸術家が参加して造られたこの別荘は、特に庭園にある趣向を凝らした様々な噴水が特徴です。これらはイッポリト・デステが客人を驚ろかせるために造らせたと言われています。水の饗宴が美しいヴィッラ・デステは、その洗練された表現の中にルネッサンス文化の真髄を伝えています。

庭園には次のような噴水があります。
ロメッタFontana di Rometta:古代ローマの主要建造物を模した噴水。
百の噴水Cento Fontane:小道に沿っていくつもの小さな噴水が並んでいます。
卵形の泉Fontana dell'Ovato:ティヴォリを象徴する噴水です。ローマを象徴するロメッタとちょうど反対側の場所に位置しています。
オルガンの噴水Fontana dell'Organo:その名の通り、かつては水力を利用して音を奏でるオルガンでした。
竜の噴水Fontana dei Draghi:4頭の竜が水を吐き出すこの噴水は、グレゴリオ13世に敬意を表して造られました。


その他の町の見所

町の北側にはヴィッラ・グレゴリアーナVilla Gregorianaがあります。もともと古代ローマ時代の別荘があったこの場所は1826年の大洪水で破壊されてしまいますが、教皇レオーネ12世、次いで教皇グレゴリオ16世が再建しました。アニエーネ川が流れ、樹木が生い茂るこの広大な公園の魅力は、その自然の美しさにあります。特に100m以上に及ぶ大きな滝Grande Cascataは大変印象的で、その水はネプチューンの洞窟Grotta di Nettuno、セイレンの洞窟Grotta delle Sireneへと流れ込みます。
1948年に発見されたローマ円形劇場Anfiteatro Romanoは、現在、完全に発掘、修復が施された姿を見ることができます。中央アレーナは60×40mで、2.20mの幅の廊下で囲まれています。約12mの高さがあったとみられる観客席の構造も残っています。
ヴィッラ・デステのそばにあるサン・ピエトロ・アッラ・カリタ教会Chiesa di S. Pietro alla Carita'は12世紀に建て直されたロマネスク様式の教会です。3つの身廊は雲母大理石でできた古い円柱で区切られています。中央身廊にあるコズマ模様で飾られた床は貴重な色大理石でできています。1950年の修復の際に、オリジナルの姿を隠してたバロック様式の装飾は取り去られました。
photo6
同教会からすぐのところににあるカンピテッリ通りVia Campitelliも訪れてみるといいでしょう。ティボリの中でも特徴ある通りの一つで、中世後期の面影を残す家々が建ち並んでいます。中でも最も美しいのがゴシックの家Casa Goticaです。その名の通り純粋なゴシック様式で、家の外側にプロッフェルロと呼ばれる外階段が付いています。
モニュメンターレ・メディエヴァーレ広場Piazza Monumentale Medievaleは、中世の時代にティボリの宗教、政治、商業の中心だった場所です。


photo7   photo8



ティボリ データ
Dati di Tivoli

交通アクセス:
ティボリまで
バスの場合、ローマ中央駅から地下鉄B線でポンテ・マッモーロPonte Mammoloまで行くと、COTRAL社のバスが出ています。ティヴォリのマッシモ広場Piazza Massimoが終点で、所要時間約1時間。
電車の場合、ティボリ市の中心から200mのところに駅があり、ローマ・ティブルティーナ駅Tiburtina f.s.からの電車が止まります。所要時間約45分。
町から5キロのところにあるヴィッラ・アドリア−ナまでは市内のCAT社のバス4番で。また、ローマ−ティボリ間を結ぶCOTRAL社のバスも止まります。
車の場合、高速A24(ローマ−ラクイラ線)で。


インフォメーション:

ヴィッラ・アドリア−ナ Villa Adriana
Via Villa Adriana
Tel:0774.382733
開:9:00〜日没1時間半前まで
休:1月1日、12月25日

ヴィッラ・デステ Villa d'Este
Piazza Trento
Tel:0774.312070
開:8:30〜日没1時間前まで
休:月曜、1月1日、12月25日

ティボリ市インフォメーション
Informazioni Accoglienza Turistica
Largo Garibaldi (giardino)
Tel:0774.311249
E-mail:iat.tivoli@tiscalinet.it

 
tivoli

イヴェント情報

●ティボリのカーニヴァルCarnevale di Tivoli
古い歴史を持つティボリのカーニヴァルは、ラツィオ州のとても賑やかなお祭りの一つ。風刺山車や仮装した人たちの行列が見られます。(2月)

●サン・ロレンツォ・マルティレのお祭りFesta di S. Lorenzo Martire
町の守護聖人サン・ロレンツォを奉り、荘厳なミサと行進が行われます。町の広場では音楽が演奏されたり、伝統の遊びなどが繰り広げられます。(8月10日)

●ピッツテッロの祭りSagra del Pizzutello
ティボリの特産品である最高品質のぶどうピッツテッロの収穫を祝うお祭り。町の中心を山車行列が進み、伝統衣装を身に付けた若者がピッツテッロを配ります。(9月第2または第3日曜)

JITRAトップページへ戻る Torna alla JITRA Home Page|



*このページの写真および掲載記事内容は、ティボリ市の所有するものです。
無断での複製はご遠慮下さい。
Su concessione della Citta di Tivoli - Riproduzione vietata



http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.