JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  バーリ Bari
15 ottobre 2010

■私の住む町番外編(1)
気軽な「そぞろ歩き」にぴったりのストリート


海岸通り ルンゴ・マーレ
Lungo Mare

                      >>> バーリインデックスページへ

案内人 豊 博江



北風が強くなければ、旧市街からちょっと外れて海岸通りLungo Mareをそぞろ歩くのも心地よい。カフェなどで賑わうフェッラレーゼ広場 Piazza Ferrareseに面してヴィットリオ・エマヌエレ2世通りとカヴール通りの交差点があるが、その海側に小さなマルゲリータ劇場 Teatro Margheritaが佇む。1914年海の上に建てられ、橋があった所は埋め立てられて海岸通りの交差点になっている。随分長い間修復が行なわれ、現在ギャラリーなどに利用されている。
劇場のすぐ裏は旧漁港 Porto Vecchio、埠頭の先はヨットハーバーだが、昔ながらの漁師のカラフルな小船も浮かんでいてなんともイタリアらしさを感じさせる。埠頭沿いの獲れたて魚屋台が出ていればぜひ覗いてみて。

海岸通りは北側フェリー港から旧市街に沿って南へと伸びており、1927年ムッソリーニ政権時代に軍事目的で拡張された南北約9キロの道路だ。軍事や警察関係の重厚な建物も立ち並ぶが、南側にはゆったりした歩道がある。
その並び、県庁舎Palazzo della Provincia 4階の県立絵画館 Pinacoteca Provincialeでは、穏やかな時間が過ごせる。バーリ大聖堂などに寄贈された有名なヴェネツィア派画家たちの作品も揃い、特にジョヴァンニ・ベッリーニの「殉教者聖ペトロ」は個室に保存されていて、厳重なので驚いてしまった。南イタリアの画家がメインでナポリ派ルーカ・ジョルダーノや同県バルレッタ出身の19世紀印象派画家デ・ニッティスの柔らかな作品も鑑賞することができる。

さらに歩くと地元バレーセのビーチ「パーネ・エ・ポモドーロ」!砂浜のカフェで一休みや、夏なら海水浴もいいかも。


番外編・データ

Lungo Mare海岸通り
市バスは、P.zza Massari(ヴィットリオ・エマヌエレ2世通り)〜Pane e Pomodoro間を結ぶNavettaBと、Piazza Moro(国鉄バーリ中央駅前バスターミナル)〜Torre a Mare間の12番が利用しやすい。
0,80ユーロ(バス内購入は1.50ユーロ)、一日券1.80ユーロ

バーリ県観光局のサイト
http://www.infopointbari.com/
県立絵画館 Pinacoteca Provinciale
http://www.retepuglia.uniba.it/Pinacoteca/indice.htm

※絵画館の情報およびバーリへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.