JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  バーリ Bari
15 dicembre 2010

■足をのばすと/近郊編(1)
アドレア海に臨む
崖の上のちいさな町



ポリニャーノ・ア・マーレ
Polignano a Mare

                      >>> バーリインデックスページへ

案内人 豊 博江



バーリからおよそ30キロ南下すると、ムルジャの海岸を浸食した断崖にのっかるようにあるポリニャーノ・ア・マーレの旧市街。先史時代の洞窟住居から古代ローマ時代を経て、中世には要塞化され、小ぢんまりとした旧市街は迷路のように家々が重なりあっている。

駅からまっすぐ海側の旧市街へ向かうと、左手にマルケサーレ門Arco Marchesaleがある。門をくぐって進み、時計塔とサンタ・マリア・アッスンタ教会のあるヴィットリオ・エマヌエレ2世広場にでる。教会の古いバロック調の木製扉の上には同じ装飾のバルコニーにパイプオルガンが置かれて可愛らしい。時計塔脇の通りを進んで行けば、絶壁からのパノラマ!どこを歩いてもキレイに手入れが行き届いており、散歩を楽しんでいると展望バルコニーにも出会う。

教会脇のサン・ベネデット通りの先にはサン・ベネデット広場、そして18世紀領主に建てられたグロッタ・パラッツェーセ Grotta Palazzeseがある。夏季は地下の洞窟レストランで、波の音を聞きながら魚介料理に舌鼓をうつのも最高。食事をしなくても(営業時間外)冬季でも、悪天候でなければ洞窟のホールへ訪問のみも可能。

サン・ベネデット広場から右なりに曲がると坂道を上るような市壁通りVia Muraglia。市壁の上に家々が建てられているからで、マルケサーレ門に戻る。この道の下にはもちろん外壁に面したバールやレストランが連なっているのが面白い。

またマルケサーレ門を出て右にはラーマ・モナキーレ橋があり、侵食された(ラーマ)入り江にそびえるような旧市街の眺めも圧巻!夏はこのラーマや、近くの海岸も海水浴客でいっぱい。

夕方や週末、特に夏季は町中カフェやレストランも賑わいをみせ、冬季でも昔ながらの手作りジェラートや特製カフェ・スペチャーレ(カフェ、リキュール、生クリーム、レモン皮入り)もぜひ味わってみて!


足を延ばすと/近郊編・データ  

■ポリニャーノ・ア・マーレまでのアクセス
<鉄道>
国鉄バーリ中央駅からレッチェ方面へ各駅停車で約25分
http://www.trenitalia.com

■ポリニャーノ・ア・マーレ市公式サイト
http://www.comune.polignanoamare.ba.it/index.php?id=0|2

■グロッタ・パラッツェーセ
Via Narciso, 59 - Polignano a Mare (Bari)
Tel. +39(080)4240677 - Fax +39(080)424076
http://www.grottapalazzese.it/it/home/


※バーリへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.