JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  フィレンツェ Firenze
16 febbraio 2009

■私の住む町番外編(3)

フィレンツェの「最後の晩餐」巡り




                  >>> フィレンツェインデックスページへ

案内人 大平美智子



 「最後の晩餐」Ultima Cenaと言えば、ミラノのレオナルド・ダ・ヴィンチ作の壁画があまりにも有名だが、フィレンツェにも歴代の一流画家たちの手による傑作「最後の晩餐」が多数現存する。

この新約聖書のキリストの生涯のクライマックスシーンは、中世より、時代の流行や解釈、画家の創造性により様々なスタイルで表現され、主に修道院食堂Reffetorioに描かれ、聖職関連者のみが拝することの出来る信仰の対象であった。ここでは中心街にあるルネッサンス時代の主作品を、時代順におってみよう。

筆頭はサンタ・アッポローニア修道院(1)に描かれたアンドレア・デル・カスターニョの初期遠近法を駆使した「最後の晩餐」。 ダ・ ヴィンチの作品よりも50年程前の1447年に描かれたもので、12使徒の画面の上部は「キリストの受難」などの場面で、かなり保存状態が悪いのだが、当時としては画期的なトスカーナの風景画 が描かれていたという。

続いて、ボッティチェッリの永眠するオニッサンティ教会(2)にある、ネッサンス全盛期1480年に描かれたドメニコ・ギルランダイオの優美な「最後の晩餐」。聖堂左側の扉から入る修道院の長い食堂の、壁面の交差ヴォールドを絶妙に利用した、遠近法の技が冴える横幅8mにも及ぶ大作であり、17年後のダ・ヴィンチの作品に影響を及ぼしたと語り継がれている。

場所は前後するが、ギルランダイオがその2年後に描いた縮小版とも える「最後の晩餐」が、サン・マルコ修道院(3)の小食堂にある。この2作品は酷似しているのだが、いずれも画家の円熟期の作品であり、登場人物の感情表現のディテールなど細部が微妙に異なり、その違いを探し当てるのも面白い。ところでこの修道院内のみどころは、その少し前の時代の画僧、フラ・アンジェリコの素晴らしい壁画で埋め尽くされており、特に上階へつづく階段の正面に描かれた代表作「受胎告知」は荘厳たる美しさ。

ダ・ヴィンチのずっと後、メディチ家お抱えの宮廷画家であったアレッサンドロ・アッローリが1582年に描いたサンタ・マリア・デル・カルミネ教会(4)の「最後の晩餐」は、ミケランジェロの影響もみられるカラフルな後期ルネッサンススタイルで、マニエリスムを予感させる作品。ちなみに同教会のブランカッチ礼拝堂内の、マサッチョなどによるルネッサンス黎明期の重要作品群もお見逃しなく。

これら以外にも、美術館や小さな教会の中に、様々な「最後の晩餐」があるので、それぞれの画風を比較しながら、巡礼さながら見学して歩くのも一興である。


私の住む町番外編・データ

(1) サンタ・アッポローニアの最後の晩餐博物館(旧サンタ・アッポローニア修道院)
Museo del Cenacolo di Sant'Apollonia
最後の晩餐のある場所:1階
住所: via XXVII Aprire1
Tel: 055 2388607
開館: 8:15-13:50
休日:日曜、第2,4月曜、第1,3,5日曜、1/1, 5/1, 12/25
入場料:無料
行き方:サン・マルコ広場の西側via XXVII Aprire に入り50m程先の左側の小さな教会。

(2) オニサンティ教会Chiesa di Ognissanti
住所:Firenze, Borgo Ognissanti, 42
Tel: 055 2398700
教会開館時間:7:00-12:00, 16:00-20:00
・ ギルランダイオの最後の晩餐 
最後の晩餐のある場所:修道院の食堂
Tel: 055 2396802
月、火、土/9:00-12:00
入り口は聖堂正面左側
入場無料
行き方:高級ショッピングストリートのvia Tornabuoniの真ん中 あたりから延びるvia della Vigna Nuovaを抜けてBorgo Ognissanti へ。

(3)サン・マルコ修道院美術館 Museo di San Marico
最後の晩餐のある場所:1階の小食堂
住所:Piazza San Marco 3
Tel.055-2388608
開館: 月〜金8:15-13:50(チケット窓口13:20まで)
土8:15-18:50(チケット窓口18:20まで)
日祝 8:15-19:50(チケット窓口18:30まで)
休日:第1,3,5日曜、第2,4月曜、1/1, 5/1, 12/25
入場料:3Euro
予約:Firenze Musei Tel: 055 294883(予約料:3Euro )
行き方:大聖堂広場より延びるvia Cavourやvia Ricasoli を北方向へ徒歩で7分程。

(4)サンタ・マリア・デル・カルミネ教会 Chiesa di Santa Maria del Carmine
最後の晩餐のある場所:ブランカッチ礼拝堂Capella Brancacci の隣
住所:Piazza del Carmine 14
Tel: 055 2382195
要予約:055-2768224,055-276558(予約料無料)
開館: 10:00-17:00
日、祝/13:00-17:00
休日:火、1/1,1/6, 1/7, 5/1,7/16, 8/15、12/25
入場料:4 Euro
行き方:ベッキオ橋を渡り、すぐ右折、道なりに直進しBorgo San Jacopo→via Santo Spiritoを抜け、Borgo San Frediano に入って70m程先の左側の大きな広場がPiazza del Carmine。

※フィレンツエへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.