JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  フィレンツェ Firenze
15 settembre 2007

■足を延ばすと/近郊編(1)

チェルタルド Certaldo
ボッカッチョの生家が残る、
美しい小さな城塞都市


                              >>> フィレンツェインデックスページへ

案内人 大平美智子



フィレンツェ近郊には、シエナやサンジミニアーノ以外にも、歴史深く美しい城塞都市が数多く残っている。
チェルタルドは、フィレンツェから約50kmほどの西南に位置し、テラコッタ色の風情ある街並みと、「デカメロン」の著者、詩人ボッカッチョの生地として有名な町。

フィレンツェから長距離バスSITAに乗ってチェルタルドの新市街で降り、すぐ脇から出ている登山ケーブル電車にのれば、チェルタルド・アルトCertaldo Altoと呼ばれる、糸杉に囲まれた旧城郭地区に到着する。
小さな町なので、メインストリートのボッカッチョ通りVia Boccaccioを歩けば、町全体が見渡せる。観光の見所は、その通り沿いにあるボッカッチョの生家Casa di Boccaccioと、デッラ・ロッビア工房による沢山の陶器のメダリオンが飾られたプレトリオ宮殿Palazzo Pretorioなど。バールや軽食店も多く、蔦の絡まるテラスなどで、のんびりとカプチーノなどすすってみるのも良い。

さらに最近、この町の知名度を上げているものが3つある。一つ目は、スローフードの箱舟品目にも指定され、見事に復活した「チェルタルドの赤玉葱」。プレトリオ宮殿脇にある、趣きある一つ星レストラン「オステリア・デル・ヴィカリオ」では、 「伝統玉葱スープ」など玉葱尽しコース・メニューが堪能できる。
あとの2つは、毎年行われるイベントで、ヨーロッパ中の大道芸人が集まり様々な芸を繰り広げる「メルカンティア」と、地方の珍しい食品が集まる食の祭典「ボッカチェスカ」。どちらも街灯の代わりに、松明や篝火を焚いて行われる、中世時代にタイムスリップしそうな雰囲気たっぷりの夜祭りだ。


足を延ばすと・データ

■チェルタルドまでのアクセス
<電車>
フィレンツェ・サンタ・マリア・ノ ヴェッラ中央駅から、一時間に1、2本、シエナ行き、またはエンポリ乗り換えでシエナ行き、チェルタルド下車。所要時間約1時間。
<バス>
サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅近く 長距離バスSITAの発着所から、チェルタルド行きが日に数本でている。所要時間約一時間半ほどで、 新市街のボッカッチョ広場に到着。

※新市街のボッカッチョ広場より登山ケーブル電車 Funicolareに乗り、旧市街のチェルタルド・アルトへ。
登山ケーブル電車は15分ごとに発車。
10月1日〜3月31日 7:00-22:00、4月1日〜9月30日 7:00-00:15

※新市街からチェルタルド・アルトのまわりを囲むかつての馬車道をゆけば、徒歩、または車でのアクセスも可能。

■観光案内所
住所: Viale Fabiani 5, Certaldo
Tel: 0571-656721
5月〜10月15日 9:00-13:00/15:30-9:00、10月15日〜12月31日 10:00-12:00/15:30-17:30
URL: http://www.comune.certaldo.fi.it

■その他
オステリア・デル・ヴィカリオ Osteria del Vicario
住所: Via Rivellino 3, Certaldo Alto
Tel & Fax: 0571-668228/668676

メルカンティア Mercantia (国際大道芸フェスティバル)のサイト
http://www.mercantiacertaldo.it/

ボッカチェスカBoccaccesca (食の祭典)のサイト
http://www.boccaccesca.it/2007/frameset.htm


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.