JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  ナポリ Napoli
15 gennaio 2010

■私の住む町番外編(3)
ナポリに色濃く残る文化的伝統


プレセーピオ(Presepio)って?

                      >>> ナポリインデックスページへ

案内人 祝 美也子



南イタリアの家庭では、クリスマスつりーも、プレセーピオも…
ナポリのサンマルティーノ修道院や、カゼルタの王宮内にも展示されているプレセーピオは、実際の風景を模して小型の人形をたくさん配置した雰囲気ある「ジオラマセット」です。クリスマスシーズンには欠かせない飾り物ですが、1734年よりナポリを治めた、ブルボン王朝のカルロ王がナポリの人たちに、この素晴らしい伝統工芸を発達させようとしたことが引き金となり、イタリアの中でもナポリは、今現在も色濃く残る、文化的な伝統です。

Nativita'と呼ばれるキリスト生誕のシーンを再現していて、ジオラマに必ず必要な登場人物は少なくても、"聖母"、"ヨセフ"、そして馬小屋で生まれたばかりの赤ん坊"キリスト"です。そのほか、流れ星を見てキリストの生誕を祝って駆けつけた"東方の三賢者"など、聖書の物語に合わせ、人形を配置します。ジオラマは、ナザレの町の様子、当時の人々の生活ぶりなどを再現していて、大きなものから、小さなものまで多種多様です。

小さな子供がいる家庭は、クリスマスシーズンには、お父さんと子供達が一緒にこのプレセーピオを作ったりしますが、24日の深夜のミサから戻ったら、はじめて馬小屋に生まれたてのキリストの赤ん坊を置くことができます。小さいときからこのプレセーピオに親しんで育った子供が大きくなり、自分の子供にまたこの伝統を受け継いだり、代々伝わるプレセーピオを置いたり、クリスマスのシーズンはとても楽しい家族のイベントの一つです。


番外編・データ
 

■プレセーピオが365日売られている通り
住所: Via san gregorio armeno(NA)
旧市街地スパッカナポリに位置する通りでは、一年中プレセーピオを買ったり、製作風景を見ることができます。

■歴史的価値のあるプレセーピオが展示されている博物館
Museo di S.Martino
住所: Largo S.Martino5 (NA)
Tel: +39 081-2294589
休館日:水曜

Reggia di Caserta
住所: Piazza Carlo V caserta (NA)
Tel: +39 0823-322233
休館日:火曜

※ナポリへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.