JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  ナポリ Napoli
15 Ottobre 2013

■足を延ばすと/近郊編(7)
スケールの大きさに圧巻!
ギリシャ植民都市時代の三神殿 …


パエストゥム考古遺跡群
i siti archeologici di Paestum


                      >>> ナポリインデックスページへ

案内人 祝 美也子



カンパニア州サレルノ県にある、パエストゥム神殿郡。現存する3つの神殿は保存状態が非常に良く、見る者を満足させてくれるに違いない。イタリアにおいては、シチリアのアグリジェントの神殿郡が有名だが、パエストゥムは視覚的に圧倒的に当時の形をイメージしやすく、そのスケールの大きさにびっくりする。

ギリシャ植民都市時代にはポセイドニアと呼ばれ、それがなまって、現在の地名、パエストゥムとなった。緑豊かな考古学地区内には、アゴラ(集会場)、劇場、住居地区の他、3つの神殿が建つ。一番古いヘラ神殿は、紀元前540年に建造され、その頃、ポセイドニアが一番輝いて時代と言えよう。

神殿もさることながら、併設する考古学博物館の展示物も必見。石棺の蓋には、当時の戦争の様子や、街の様子など、面白いテーマの絵が描かれているが、中でもTomba del Tuffatore(飛び込みをするひと)は、ギリシャ時代でも同様に海で飛び込みを楽しんでいた事がわかる。

またこの地域は1800年代には沼地が広がっていたこともあり、水牛の飼育が非常に盛んにおおなわれていた。遺跡付近のレストンには、鮮度が命!な名物のモッツァレッラチーズを味わえるところがたくさんある。

ナポリから鈍行列車で一時間半、春先、秋口など、季節のいい時期は、のんびりと一日かけて、日帰りトリップがおすすめ。


足を延ばすと・データ
  

i siti archeologici di Paestum
Paestumu考古遺跡群

住所:Via Magna Grecia, 919 - 84063 Capaccio (SA)  
Tel: 0828-811023

■交通アクセス
ナポリ中央駅から各駅電車(Regionale)にて約1時間半 Paestum駅下車。駅からまっすぐ伸びる道を海方面に徒歩15分ほどで大きな遺跡が見えてくる。
<本数が限られているので、時刻表を要チェック>
http://www.trenitalia.com/

■神殿郡考古学地区
開館時間: 08:45から日没一時間前
休み:特定祝祭日
料金:7ユーロ(遺跡群と博物館共通見学券)

■考古学博物館
開館時間: 08:30から(毎月違うので、サイトPDFよりダウンロード可)
休み:毎月第一、第三月曜日、特定祝祭日
料金:7ユーロ(遺跡群と博物館共通見学券)
公式サイト:http://www.museopaestum.beniculturali.it/

※ナポリへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.