JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  パドヴァ Padova
15 Ottobre 2011

■私の住む町番外編(2)
ユネスコ世界遺産に登録された
世界最古の大学付属植物園


パドヴァの植物園
Padova, l'Orto botanico

                     >>> パドヴァインデックスページへ

案内人 小林暁子



サント・アントニオ寺院とプラト・デッラ・バッレ広場の中間に位置し、車両乗り入れ制限地区にあたるためか、どこかひっそりとした趣のある一角にあるパドヴァの植物園は、パドヴァ大学の研究施設として1545年に設立されている。大学付属の植物園としては世界最古のもの。1997年に、ユネスコの文化遺産に登録された。

敷地自体はどちらかと言えばこじんまりした印象だが、良く手入れされ、観光客が耐えない地区のど真ん中にあるとは思えない、静寂で心休まる雰囲気だ。観光に疲れ時リラックスするには最適のスポットだと思う。

敷地を入ると低い壁で区切られた円形の庭園へと続く東門が目に入るが、この4つに区分けされた円形の庭園は、設立当時に設計され、今もその形式のまま残っているのだ。蓮の花が咲く小池や彫像を配した小池が趣を添える庭園を楽しみながら、ゆったりと植物を鑑賞できる。

園内で最も貴重な種は、ゲーテが訪れた時に感銘を受けたと伝えられる「ゲーテのヤシ」で、樹齢400年以上の巨大な樹木だ。入り口を入ると正面に見える庭園の東門を入り、向かって左手の壁沿いの区域に、ヴェネト地方の希少な植物種が収集されている。

植物園は図書館と美術館を併設しており、図書館の利用は一般開放されており、随時展示も行っている。美術館も随時内容を変えた展示を行っており、植物園への入場料のみで入館できる場合もある。



番外編データ
 

Orto Botanico
パドヴァの植物園

住所:via Orto Botanico, 15 - 35123 Padova
Tel:+39-049-8272119
メール: ortobotanico@unipd.it
行き方:中央駅からトラムか市バス3・8・12・18番でサント・アントニオ寺院最寄りのRiviera Businello停留所下車。寺院に向かって右手の細い道via Orto Botanicoを入る。
開園時間:4月-10月 9:00-13:00、15:00-19:00 年中無休
       11月-3月 9:00-13:00  祝日休園
入園料:4ユーロ
     10名以上のグループと65歳以上は3ユーロ   学生1ユーロ

※パドヴァへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.