JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  パドヴァ Padova
15 Settembre 2014

■SHOP/お買物はここで(4)
一徹職人の手作りバック専門店
自分好みのオーダメイドも可能!


アルコジャッロ    
ArcoGiallo




                     >>> パドヴァインデックスページへ

案内人 小林暁子


イタリアは職人の国だと言われる。どの町でも旧市街を歩くと、間口の狭い薄暗いような店内に、一徹そうな面構えの職人が店主兼制作者として、自らの作品を誇り高く並べる店は良く目につく。 今回紹介する店はその好例、店主のジャンニさんが素材の皮革選択から制作まで一切を一人で取り仕切る、バッグを中心とした皮革製品のお店だ。

クラシカルなデザイン、派手さはなくとも手に取れば丁寧に作ってあることが良く分かるこの店のバッグは、何より革の感触が素晴らしい。私が愛用しているのは真っ白な夏用のトートーバッグなのだが、真っ白のバッグなのに買物のショッピングバッグ代わりに使っても、全くくたびれてこない、しっかりした革なのである。汚れも湿らせた布で拭けば簡単に落ちてしまう。

店内に一歩足を踏み入れると、様々なサイズと形状のバッグや皮革製品と形になる前のカラフルな皮革が無造作に置かれていて、その中から自分の気に入ったものを選ぶのは、宝探しをしているようでなかなか楽しい。店内のサンプルからデザインを決め、カラーと革のタイプを指定してオーダーメイドすることも可能。時間が有ればぜひトライしてもらいたいこの方法、一昔前にはイタリア人だって有名ブランドのバッグより、長く使えるしっかりした一点を自分の好みのカラーや素材を選択して、職人に作らせていたものだと懐かしい。

どの町にも普通にこのような店が並んでいたのに、いつの頃からかライフスタイルの移り変わりとともに、ヨーロッパのどの町に行ってもある巨大ファッションチェーンでファストファッションを買うようになったのは、とても残念な気がする。

伝統的なデザインを良い革を使ってしっかり作り、修理にも応じて長く愛用してもらいたいというのが、このお店の信念だ。記憶の底に眠っていた、かつてのイタリア独特の良さを思い出させてくれた。


レストラン・データ
 

ArcoGiallo 
アルコジャッロ

住所:Via Savonarola 129 Padova
場所:Corso Milano と交差するVia Danteを前方に見える昔の門の方に向かってまっすぐ進む。運河の上にかかっている橋を渡り切ったところでぶつかる道がVia Savonarolaなので、左に曲がり、ピッツェリアやレストランを通り過ぎて進むと向かって左にある。通りに入ってからの距離は300から400メートルぐらい。
電話番号:049-8721701
営業時間:月曜 16:00-19:30  火曜―金曜 9:00-12:3016:00-19:30  
土曜 9:00-12:30
定休日:日曜・月曜午前
値段の目安:ブリーフケースや裏も革張りのバッグが220ユーロ前後、一枚革のバッグが140ユーロから。
カード:Visa, Master, JCB
サイト: http://www.arcogiallo.it/

※パドヴァへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.