JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  パレルモ Palermo
15 Aprile 2012

■足を延ばすと/近郊編(3)
美しい海と魚料理を楽しめる
小さな漁村


テッラシーニ
Terrasini


                  >>> パレルモインデックスページへ

案内人 桜田かおり



パレルモから34kmに位置するテッラシーニは、ガイドブックに載ることもない小さな町で、日本人にはほとんど知られていないと思う。しかしここは観光と漁業が有名で、特にヨーロッパ人の観光客でにぎわい、パレルモからはAST社のバスで簡単に辿りつける。町の中心にあるドゥオーモ広場には、サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ(S. Maaria delle Grazie) 教会があり、広場を囲んで何軒ものバールが並ぶ。もちろん、暖かい時期には外のテーブルで、地元客と観光客が混ざってお茶をしたりアペリティーボを楽しんでいる。

広場から教会を背にしてヴィンチェンツォ・マドニエ通り(Via Vincenzo Madonie)を歩いてみよう。細い通りだがブティックやレストランが沢山あり、お買い物も楽しめると思う。お昼休みを取らないで、通しで開いているお店が多いので、観光客には嬉しい。

この通りをまっすぐ進んでいくと(途中二又があるが、通りの名前に従って歩く)、海に突き当たる。海岸は約20m下になるが、目を見張るほどきれいな海を目にすることが出来る。海岸へ通じる階段があるので、海に足を浸けてみたい人は降りてみよう。この海沿いの通りはルンゴマーレ・ペッピーノ・インパスタート通り(Lungomare Peppino Impastato)と言い、右へ行けば港に出る。逆に左へ進めば、右手に海を見ながら絶好のお散歩コース、美しいパノラマを背に写真撮影にも最適である。

少し歩くと左手に州立博物館がある(Museo Regionale D’Aumale)。人類学、海洋学に関する展示物で有名だが、更にシチリア名物「荷馬車」の素晴らしいコレクションを持っているので、一見の価値がある。

特別歴史的に重要なモニュメントなどはないが、パレルモの喧騒を離れ、のんびりと歩きながらパノラマを楽しみ、港から直接運ばれてくる新鮮な魚介類を堪能すれば、思い出に残る1日になることだろう。


足を延ばすと/近郊編・データ

■交通アクセス
バス会社 AST パレルモ市内、ジョット広場(Piazza Giotto)始発。ポリテアーマ広場を通り、リベルタ大通りを走るので、どこからでも乗れる。往復7.10ユーロ。 
テッラシーニまではほぼ1時間に1本あり、運行時間はジョット広場から1時間半。日曜、祭日運休。

Museo d’Aumale
住所:Lungomare Peppino Impastato 90047 Terrasini (PA)
Tel:091-8810989 

http://www.regione.sicilia.it/beniculturali/museodaumale/homepage.htm
開館時間: 月-土 8:30-14:00 14:30-19:30
入場料: 6ユーロ

■お勧めレストラン
Arabesque
アラベスク

  住所:Via Vincenzo Madonia 104
Tel: 091-868-2490
気軽に入れ、新鮮な魚介類が食べられるレストラン。 テッラシーニでも一番人気。

Primafila
プリマフィーラ

住所:Via Benedetto Saputo 8
Tel:  091-8684422
二階に素敵なテラスがあり、きれいな景色を見ながら食事が楽しめる。 


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.