JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  パルマ Parma
15 Giugno 2012

■このカフェで一服(3)
地元の有機素材で
クリーミーなジェラート



エミリア・クレメリア
Emilia Cremeria


                      >>> パルマインデックスページへ

案内人 聴涛洋子



「エミリア地方の素材で手作りのジェラート屋を」その願いを込めてできた店が『エミリア』。アッペンニーノの放牧牛からとれる新鮮なミルクを使って毎日その日に作られるジェラート。イモラを発信地にレッジョ・エミリア、そしてこの春パルマにも Via Farini ファリーニ通りにオープンした。
ここでまず先に一言。
「イタリアではジェラートとは単なるアイスクリームではない!」

イタリア人は『il gelato ti fa bene, aiuta a digerire ジェラートは体にいいのよ、消化も助けるし』と言ってはよく食後に食べる。夕食後のジェラート片手のそぞろ歩きは夏の風物詩でもある。だからどのジェラテリアも夜中まで営業している(エミリアは深夜0時まで)。日本では、あいにくジェラート・アルティジャナーレ(手作りジェラート)の風習がないので、アイスと言うとファーストフッドのソフトクリームとかスーパーで売っているいわゆる“工業生産品”を思い浮かべるでしょう。イタリアでは、どの町に行ってもその店で作っている手作りジェラート屋が何件もあり、最近はオーガニックブームもあって有機栽培の材料のみを使ったジェラートがとても普及している。添加物や着色料は一切使わない、純粋にミルク、新鮮な卵、砂糖と季節のフルーツで作られるので、子供達のおやつには最適だし、忙しいビジネスマンにとってはエネルギーいっぱいのお手軽な昼食代わりにもなる。

そしてここエミリアの特色は、ジェラテリアではなくクレメリア(クリーム屋)と言うこと。その名の通りジェラートはひじょーにCremoso!(クリーミー)。 味はクラッシックなクリームやヨーグルト味から様々なチョコ系(ジャンドゥイア味、ヌテッラ味、カカオ70%以上のビター味、チェリー入り味など)、ナッツ系(ヘーゼルナッツ、松の実、ピスタッキオ)、それからパンナコッタにミルフィーユ味なども。さらに季節により変わるフルーツ系。ストロベリーには新鮮なイチゴもトッピングされるのがうれしい。また、エコロジーの観点から、プラスチックのカップは廃止し、手作りのチャルデと呼ばれるコーンの器にジェラートをのせて販売し、しかもそのコーンの中に溶けたチョコレートソースなんか入れてくれるから、甘いもの好きにはたまらない! 『la miglior gelateria della citta町で一番のジェラテリア』と早速パルマ市民の高い評価を受けている。また、甘いのが苦手な人にはフルーツのグラニータ(かき氷とシャーベットの間の子のようなもの)がさっぱりとおいしくておすすめ。

素材とエコにこだわりつつカロリーは気にしない(!?)クリーミー好きな人には止められない味だ。


カフェ・データ


Emilia Cremeria
エミリア・クレメリア

住所: Via Farini 29, Parma
TEL: 0521-207316
URL: www.rosaangelo.it
Email: info@emiliacremeria.com
場所:パルマ唯一の繁華街(?)ファリーニ通りの29番地
サービス: 手作りアイスクリーム
営業時間:月?日 2:00-0.00


※パルマへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.