JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  パルマ Parma
15 aprile 2010

■おすすめレストラン(4)
大樽を囲んで粋な一夜を


イル・タバーロ
Il Tabarro


                      >>> パルマインデックスページへ

案内人 聴涛洋子



『厚手の外套』を意味する『タバーロ』。その名の通り、外套を羽織った横向きの男性がこの店のロゴになっている。男達がコートを羽織ったまま一杯飲みにいく、そんなレトロでしかも新鮮な趣のエノテカだ。店は穴蔵のように小さく、2階に僅かなりとも落ち着いて座れるテーブルがある以外は、みな『立ち飲み』。特に、春夏の日の長い夕刻時から深夜まで、ガリバルディ広場からファリーニ通りは外へくり出す人々で溢れかえる。店に入りきれない客が、テーブル代わりに路上に並べられた独特の大樽を囲んで、飲んだり食べたり騒いだり。前を通れば"ちょっと1杯やりたいな"と思ってしまう雰囲気だ。

この店の人気はワインの品揃えがイタリア国内外を問わずとても豊富な点。しかもバローロのような高級ワインでも『グラス1杯から』注文できる。溢れかえる大勢の客を相手するウエイター達は時としてサービスが遅いかもしれないが、ボトルを開けながらコルクの匂いが変だと、こちらが気付きもしないのに別のボトルに変えてくれ(しかもその時2本開けてくれたバローロは1杯8ユーロと言う安さ!)、ワイン学には通じているので、おすすめを彼らに聞いてみるのもいい。また、食事の方も非常にいい。まな板に乗って出てくるサラミとハムの盛り合わせはパルマ市民も一流だと誉めているし、チーズ3種の盛り合わせには自家製のモスタルダ(からし入りの甘酢に漬けた果物のピクルス)がついてくる。生の牛肉のたたきは臭みもなくとてもまろやかで、付け合わせのタマネギの甘煮と一緒に食べるとどんどんワインも進む。どれもワインの味を引き立ててくれる上等なおつまみで、値段はレストランよりずっと安上がり。

樽を囲んでよく冷えたフランチャコルタの発泡酒でアペリティーヴォを試すだけでもいいが、お酒は好きだが小食な日本人が夕食を楽しむにはもってこいの場所だ(その場合テーブル席要予約)。ワインがダメな人には海外の珍しいビールがいろいろ揃っているし、食後酒のリキュール類にも市民の評価は高いので、夕食後の1杯も乙なもの。


レストラン・データ

Il Tabarro
イル・タバーロ

住所: Strada Farini 5/b, Parma
Tel: 39-0521-200223
場所: ガリバルディ広場から徒歩1分。ファリーニ通りを入ってすぐ右手。
サービス: エノテカ&食事
営業時間: お昼(月・火を除き)12:00-15:00
夕食18:30-01:00 金・土18:30-02:00 日曜18:00-24:00
料金の目安: 25〜35ユーロ(飲み物別)
Credit cards:可

※パルマへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.