JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  パルマ Parma
15 Luglio 2012

■おすすめレストラン(5)
ひっそりとがっしりと伝統を守る下町の店


イル・コルティーレ
Il Cortile


                      >>> パルマインデックスページへ

案内人 聴涛洋子



チェントロから徒歩範囲で行ける絶対に満足のレストランとは?長年の問いを見事解消してくれたのが、ポンテ・ディ・メッゾ橋を渡り川向こうのサン・ジュゼッペ教会前にあるこの店イル・コルティーレ。

パルマの川向こう(オルトレトレンテ)は古くから庶民的な地域として親しまれ、今は外国人移民が多く住着きエスニックな雰囲気もある。サン・ジュゼッペ教会周辺の古い建物が並ぶ中、かなり古い時代から素朴な地元料理をふるまう食堂兼安宿だった店を現在レストランとして受け継いでいるのがこのレストラン。当時の歴史的な雰囲気をとどめながら裏通りにひっそりと、しかもがっしりと伝統料理を維持する店だ。

小さくても温かい雰囲気の店内奥には、店の名前の由来になっている明るいガラス張りのベランダがあり開放的。料理はハム、サラミ、手作りトルテッリ、馬肉のヒレ肉の赤ワイン煮などおなじみのパルマ料理が主ではあるが、パルマでは珍しく魚を使ったメニューも目立つ(スズキとサーモンのマリネ、湯でたこのサラダ、オマール海老のパスタなど)。特に金曜日は魚の日として獲れたての魚介類をもてなす。

私個人のおすすめはトスカーナのペコリーノチーズと辛口トマトソースが絶妙のSpaghetti Pugno Chiuso。Giuseppe Verdi の名前を持つキノコとクラテッロのリゾットもいい。セコンドも選択に困る。スペイン産の豚肉Ibericoのグリルはとにかく柔らかくて最高の味。試食はしなかったけれどなんと日本から入れた神戸牛のたたきbattuta di Kobeなどもあり、この店のカテゴリーを伝統料理と一言でくくるにはバラエティーが非常に豊か。

ワインのリストも豊富だがグラスワインも深みのある味で、いわゆるテーブルワインを適当に出す店とは違う。ビールもドイツのどこかの森の湧き水から作られたとかいう珍しい瓶で、気取りのない程度にうれしい驚きをくれるお店だ。そう、気取らないのに品があり、古くからあるのに古くさくない店。せっかくだから予約の際は『ベランダに一席una tavola nella veranda 』とお願いしましょう。


レストラン・データ

Il Cortile
イル・コルティーレ

住所: : Borgo Paglia 3, Parma
Tel: 39-0521-285779  
HP: www.trattoriailcortile.com
Email: ilcortile@tin.it 
場所: ポンテ・ディ・メッゾ橋を渡って徒歩8分程度。サン・ジュゼッペSan Giuseppe 教会前にある小さな道を入る。
サービス: 食事
営業時間: 昼12:30-14:30 夜20:00-22:30 
*予約を予め入れれば遅い時間に終わるお芝居やコンサート後の食事もOK
料金の目安: 30~50ユーロ(飲み物別)
Credit cards:可

※パルマへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.