JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  ピサ Pisa
16 Maggio 2016

■足を延ばすと/近郊編(1)      
宮殿のような旧修道院と
実物大のクジラの骨もある自然史博物館 



チェルト―ザ旧カルトジオ修道院 
Certosa monumentale di calci
ピサ大学自然史博物館
Museo di Storia Naturale dell'Universita di Pisa


                      >>> ピサ・インデックスページへ

案内人 ディイエンノ・モトコ



住民にはよく知られているが、観光客はほとんど行かない穴場が、ピサの中心地から30分のところにある、チェルト―ザ旧カルトジオ修道院と自然史博物館だ。修道院というと小さくて質素なものを想像しがちだが、ここは、宮殿と呼ぶにふさわしいほどの広大な敷地で、現在、その建物の中に「自然史博物館」も設置されている。

バロック様式のファサードの上部にマリアや十字架があるのを見て、初めて教会だとわかるほど豪華な建物だ。修道院、教会部分は、完全ガイド制で、施設内を見るだけでも、言葉はわからなくても楽しめる。教会部分はサヴォイア王家が使っていた時期もあり、王族の寝室や絵画はまさに宮殿と呼ぶにふさわしい。2階から美しいトスカーナの景色も楽しめる。

1300年代に当時のピサ大司教の指示で建設を開始し、この建物の栄華のピークは、16-17世紀。中は、当時の栄華がわかるゴージャスな礼拝堂がいくつか続く。各礼拝堂の床は異なるデザインが描かれ、共同食堂や中庭、修道士が実際に使っていた個室や道具も実際に中に入ってみることができる。修道院の向かいには、当時の漢方(ホメオパシー)の本の部屋や薬局があり、道具など見学できる。

一方、同じ敷地内の半分はピサ大学所有の自然史博物館になっている。恐竜から剥製、水族館、特別展など盛りだくさんだ。陸の骨、海の骨の展示もあり、元修道院の廊下に展示された実物大のクジラの骨は圧巻だ。剥製の飾り方も、イタリアらしさが出ていて大変興味深い。ピサ大学所有のため、ピサ大学グッズも購入できる。

この旧修道院の内部も一面の芝生が広がるが、建物入り口の外側にも、芝生やオリーブの木がたくさんあり、ピクニックや日光浴をしたり、人々がリラックスしにやってくる。

(画像:certosa di monumentale di calciのFacebookより)


ショップ・データ

Certosa monumentale di calci チェルト―ザ旧修道院
Museo di Storia Naturale dell'Universita di Pisa ピサ大学自然史博物館

住所: Via Roma 79, Calci, Pisa
TEL : 修道院 +39 050 938 430  自然史博物館 +39 050 2212990
チェルト―ザ旧修道院 https://www.facebook.com/certosadicalci/
自然史博物館 http://www.msn.unipi.it/
場所: ピサ中央駅から徒歩10分のPiazza Guerrazziグエラッツィ広場からバスで約30分 Tre Colli行、160番のバスでComune di Calci(カルチ市役所)で下車、徒歩5分
開館時間:
チェルト―ザ旧修道院 火-土 8:30-18:00, 日曜・祝日 9:00-12:00 月曜定休
自然史博物館 9月16日-5月31日: 火-土 9:00-19:00, 日曜・祝日10:00−19:00 
月曜定休、12月25-1月1日閉館
6月1日-9月15日: 火-土 10:00-20:00, 日曜・祝日10:00-19:00 月曜定休
入館料:
チェルト―ザ旧修道院 5ユーロ 
自然史博物館 8ユーロ (特別展をプラスすると展示により10-15ユーロ)



※ピサへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.