JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  シエナ Siena
15 febbraio 2011

■ 私の住む町番外編(2)
街並みと遠くに広がる風景を
堪能できる場所


ロマーナ門からサン・マルコ門へ
Porta Romana e Porta San Marco


                    >>> シエナインデックスページへ

案内人 佐藤由佳



もしシエナでの滞在に余裕があったら、街の中心から離れた区域も歩いてみてほしい。観光名所以外のところを歩いてみると、シエナの街並が世界遺産として登録された理由がよくわかると思う。

お勧めしたい散策ポイントは街の南側。ロマーナ門、聖アゴスティアーノ公園とその界隈、南西のサン・マルコ門へと続く区域だ。

ロマーナ門はシエナの出入り口である、8つの門の一つ。商業都市として栄えた中世において、ローマへと続く拠点として特に大切な役割を果たしていた。左右の歩道、広々とした馬車道、馬を止めておくための広いスペース、堅固かつ壮麗にそびえる姿を見れば、いかにシエナが栄えたかを感じとれると思う。

もう一つの場所が、聖アゴスティアーノ公園。前回紹介したメルカート広場から続く、ジョヴァンニ・デュペ通りの先にある。途中の坂道が少しきついけれど、目の前に現れるすばらしい建築群や公園からのすばらしい眺めを見れば、それまでの疲れはどこかに行ってしまう。公園は高台にあるため、街の南に広がる絶景とシエナの街並を存分に堪能することができる。午後になると天気のいい日は太陽の光で満ちあふれ、家族連れやデートをする人、勉強する学生の姿が見られる。

公園を抜けてそのまま街の南西に行くと、引き続き美しいゴシック造りの住宅がひっそりと並んでいる。さらに街を下って行って(「サン・マルコ通り」がお勧め)、サン・マルコ門の外を見てほしい。ロマーナ門の外にも言えることだが、シエナの街の外には別世界が広がっている。中世に栄えた街は城壁を築くことで自然との境界を設けてきたが、主要都市として繁栄した街で今でもその姿をとどめているところは少ない。

文化遺産と自然との共存。それがシエナの何よりもの魅力だと思う。シエナに来たら観光ガイドブックに載っているところに加えて、その街並、遠くに広がる風景を堪能してほしい。


※シエナへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.