JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  シラクーサ Siracusa
15 luglio 2008

■私の住む町番外編(1)


見所いっぱい、シラクーサの地下 




                 >>> シラクーサインデックスページへ

案内人 秋草奈緒子



シラクーサは紀元前にギリシャ植民都市として繁栄した町。その後、ローマ、ノルマン、スペイン・・・数々の征服者と共に新しい文化がもたらされ、今でもその軌跡を私達の足元に垣間見ることが出来る町でもある。そこで、シラクーサ観光の際に是非訪れて頂きたい「シラクーサの地下」をご紹介したい。

まずは、新市街にある、7世紀までカテドラルとして使われていた聖ジョバンニ教会のカタコンベ(地下墓地)。紀元前3世紀にギリシャ時代の水道として使われていた地下道が、1世紀半ばごろに市民の墓地として使われ始め、16世紀まで利用されていた。ミイラは残ってはいないが、シチリアで最大規模というだけあり、前後左右に地下迷路の様に掘られている。

ドゥーモ脇の小さな入り口。ここからもシラクーサの地下を覗くことができる。やはりギリシャ時代に掘られたものが、司教の秘密の地下道として利用された後、第二次世界大戦では市民の防空壕として使われた。真っ暗な地下迷路の出口からは、光まぶしいマリーナへと続く。

また、ホテル建設中に偶然に見つかったのが、MIQWE'(ユダヤ教儀式用の風呂)。地下10数mに掘られたギリシャ時代の井戸を、15世紀のスペイン統制時代のユダヤ人が「みそぎ」の為に使ったもので、原形のまま残る。この様に原形で残るのは世界的にも数が少なく、とても珍しいものだそうだ。

その他、聖マルツィアーノのお墓(聖ジョバンニ教会内)や聖ルチア教会のカタコンベ、ドゥオーモ広場にあるヴェルメクシオ館Palazzo Vermexio地下のイオニア式の神殿遺跡も見所だ。
道路工事などで掘れば必ず何かが見つかる、シラクーサの地下。目に見える地上だけではなく、足元の地下もお見逃しなく。

(写真:ユダヤ教儀式用の風呂)


私の住む町番外編・データ

聖ジョバンニ教会 カタコンベ
San Giovanni Evangelista (Catacombe)

住所: Piazzale San Marzino, Siracusa
Tel: 0931-64694
開館時間: 9:30-12:30/14:30-17:30 
入場料: 聖ジョバンニ教会聖堂、カタコンベ、聖マルツィアーノの墓地 6ユーロ(約30分毎にイタリア語での見学ツアーあり)
聖ジョバンニ教会聖堂、教会下カタコンベ、聖マルツィアーノの墓地、聖ルチア教会聖堂、教会下カタコンベ、カラヴァッジョ作「聖女ルチアの埋葬」(※) 9ユーロ

ドゥーモ広場の地下
Ipogeo di Piazza Duomo

住所: Piazza Duomo, Siracusa
Tel: 0931-481111
開館時間: 火〜土曜 9:30-13:00
入場料: 4ユーロ

ユダヤ教儀式用風呂
Bagno Ebraico

住所:Via Alagona 52 ,Siracusa (Hotel Alla Giudecca地下)
Tel: 0931-22255
E-mail: allagiudecca@hotmail.com
URL: http://www.allagiudecca.it
開館時間: 月〜土曜 10:00-19:00、 日曜・祝日 10:00-12:00(1時間毎にイタリア語ガイドと見学)
入場料: 5ユーロ  

聖ルチア教会 カタコンベ
Santa Lucia (Catacombe)

住所: Piazzale Santa Lucia, Siracusa
開館時間: 9:30-12:30/15:00-18:00 
入場料: 聖ルチア教会聖堂、教会下カタコンベ、カラヴァッジョ作「聖女ルチアの埋葬」、イタリア語ガイド見学ツアー 6ユーロ 
聖ジョバンニ教会聖堂、教会下カタコンベ、聖マルツィアーノの墓地、聖ルチア教会聖堂、教会下カタコンベ、カラヴァッジョ作「聖女ルチアの埋葬」(※) 9ユーロ 

ヴェルメクシオ館
Palazzo Vermexio

住所: Piazza Duomo, Siracsa
開館時間: 月〜金曜 9:00-13:00
入場無料

(※)現在ベッローモ宮州立美術館が休館中のため、「聖女ルチアの埋葬」は聖ルチア教会聖堂に展示されている。


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.