JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  タオルミーナ Taormina
15 giugno 2009

■私の住む町番外編(1)


エトナ山周遊鉄道
Circumetnea


                  >>> タオルミーナインデックスページへ

案内人 広瀬郁子



名前の通り、エトナ山の周囲を走る鉄道。ただ正確には、エトナ山の東側の海岸線は、イタリア国鉄が走っているため、エトナ山周遊鉄道は、エトナ山北東がジャッレ、エトナ山南東がカターニアにて国鉄に連結している。全長113キロあり、約3時間半かけて、時速30〜40キロでゆっくりと走る。エトナ山北西部のマレット近くでは、標高約1000mも走る。1883年に建設が開始され、1895年に開通、今年で114年目を迎える歴史ある鉄道だ。列車は、当然のことながらディーゼルだし、1〜2車両しかない車両は、滅多にお目にかかれないぐらいに古い。冷房はもちろんないし、トイレもない。エンジンがかかって動きだすと、会話するのも不可能なくらいの煩い音がする。しかし、座席はぼろいながら座り心地がよく、何よりも昔にタイムスリップしたような感覚が楽しい!車掌さんも親切だ。

もともと、エトナ山の周囲の農産物を運ぶために開発された鉄道だが、現在は地元の学生と、たまに観光客が利用している程度。(したがって、日曜・祝日は運休)

鉄道は、時計回りにいくと、カターニア→ミスタービアンコ→パテルノ→アドラノ→ブロンテ→マレット→ランダッツォ→リングア・グロッサ→ピエディモンテ・エトネオ→マスカリ→ジャッレ→リポストの順に回るのだが、これでは常に逆光のエトナ山を見ることになる。美しいエトナ山を見たければ、時計の逆回りに回らなければいけない。エトナ山は、特に北山麓から西山麓までの風景(カターニア側は工業化や都市化が進んでいる)が美しいので、朝ジャッレからスタートすることになる。

お勧めの行程は、次の通り。
朝、タオルミーナを出発し、ジャッレ駅へ。ジャッレ駅でエトナ山周遊鉄道に乗り、ランダッツォ駅へ。ランダッツォ駅で下車し、町の散策(溶岩で出来た中世の教会や城塞や王宮が残る)と昼食。再びエトナ山周遊鉄道に乗り、終点のカターニア・ボルゴ駅へ。そこから、エトナ山周遊鉄道が地下鉄に連結してるので、地下鉄に乗り、カターニア中央駅へ。カターニア中央駅からタオルミーナに戻る。


私の住む町番外編・データ 

タオルミーナからジャッレGiarre駅へのアクセス
@タオルミーナ・バスターミナルからInterbus社のバスに乗り、タオルミーナ・ジャルディーニTaormina Giardini駅へ。そこから、イタリア国鉄に乗りジャッレの駅へ。
Aタオルミーナからタクシーでジャッレ駅へ。(所要時間約35分 55ユーロ程度)
※イタリア国鉄のジャッレ駅とエトナ山周遊鉄道のジャッレ駅は、微妙に離れているので注意

カターニア中央駅からタオルミーナへのアクセス
@カターニア中央駅からイタリア国鉄に乗り、タオルミーナ・ジャルディーニ駅へ。そこから、Interbus社のバスでタオルミーナ・バスターミナルへ。
Aカターニア・中央駅(またはカターニア・ボルゴ駅)からタクシーでタオルミーナへ。(所要時間約50分 80ユーロ程度)

エトナ山周遊鉄道 http://www.circumetnea.it/
ジャッレ→ランダッツォ 1日6本 所要時間1時間10分
ランダッツォ→カターニア 1日10本 所要時間2時間10分
列車は通学の時間帯に集中している。その他の時間帯は、2〜3時間に1本程度。
※日曜・祝日運休
※30分程度遅れることもあるので、国鉄へ乗り継ぐ場合は時間のゆとりを見る必要あり


※タオルミーナへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.