JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
タオルミーナからこんにちは
15 Luglio 2020

第1回 
タオルミーナ 
絶景スポットを巡る散歩コース



 
文と写真  北田沙絵子



タオルミーナと聞くと、どのような印象をお持ちでしょうか。 映画『グラン・ブルー』を思い浮かべる方もいれば、2017年のG7サミットが記憶に新しい方、聞いたことがないという方ももちろんいらっしゃると思います。

早くにタオルミーナを世界へ発信した人の1人は、あの文豪ゲーテでしょう。タオルミーナのシンボルとも言える「ギリシャ劇場Teatro Antico」に足を踏み入れたゲーテは、「この劇場から見るパノラマの美しさは世界一だ」という言葉を残しています。

タオルミーナの美しさはまさに唯一無二。そんな美しいタオルミーナの絶景スポットを徒歩で巡る、私のお気に入り散歩コースをご紹介します。            

写真トップ@ギリシャ劇場、夏はステージが設営される

●スタートはカターニア門から
タオルミーナはとても小さな町です。メインストリートは800mほどで、町の入口である「カターニア門(南西側)」と「メッシーナ門(北東側)」をつないでいます。今回の散歩コースはカターニア門からスタートします。出発する前に、カターニア門付近の広場から美しいエトナ山にご挨拶。

写真下左Aカターニア門    写真下右Bカターニア門から見るエトナ山 

●まずはメインストリートを
まず現れるのがドゥオーモ(大聖堂)。シンプルで落ち着きのある教会です。ミサが行われていなければ中は見学可能ですので、のぞいてみてはいかがでしょうか。気候のいい初夏や秋頃には結婚式もよく執り行われます。

写真下左Cタオルミーナのドゥオーモ    写真下右D4月9日広場

ドゥオーモを過ぎ、シチリア製の陶器を置いているお店などを眺めながら進むと、市民の憩いの場である「4月9日広場 Piazza IX aprile」に出ます。広場からは青い海が一面に広がり、右手には隣町への海岸線と、エトナ山が顔を出しています。  

●市民庭園へ向かいましょう
メインストリートをさらに進みます。見上げるとバルコニーには季節の花々が。個人宅ですが、まるで皆で町を彩っているかのようです。 このまま真っすぐ進めば、反対側の入口メッシーナ門に辿り着きますが、この散歩コースでは途中でメインの通りから離れて「市民庭園ヴィッラ・コムナーレVilla Comunale」へ向かいます。この市民庭園への小径も、シチリアデザインで彩られたお店や家がたくさんあり、何回通っても飽きません。なんだかジブリの世界に迷い込んだようなワクワク感です。

写真下左E市民庭園へと向かう道、看板が目印    写真下右F市民庭園から見るエトナ山と海岸線

市民庭園では、たくさんの緑と美しい花々に囲まれ、鳥のさえずりを聞きながらゆっくり散歩ができます。ここからもエトナ山と海岸線が見えるのですが、4月9日広場とはまた違った見え方をしていて、まるで絵葉書のよう。ずっと見ていたくなる美しさです。

●展望台から「美しい島」を
庭園を抜け、次に向かうのは「ベルヴェデーレ Belvedere」と呼ばれる展望台。タオルミーナは、標高約200mの高台にある町なので絶景スポットはいくつもありますが、この展望台からの景色は特別です。展望台の先端から下を見ると、目に入るのが「イソラ・ベッラ Isola Bella」です。「美しい島」という意味ですが、まさにその名の通りの美しさ。もちろん島に行くこともできますが、島の全景と透きとおる青い海が織り成す景色は、この展望台からが一番です。

写真下左Gイソラ・ベッラ   写真下右Hメッシーナ門

展望台からバス通りを北へ進めばメッシーナ門に到着します。門をくぐって50mほど進めばゲーテが絶賛したギリシャ劇場へと続く道が現れます。      

●体力に自信のある方は
タオルミーナからさらに100mほど標高の高いところに「マドンナ・デッラ・ロッカ Madonna della Rocca」という教会があります。タオルミーナの町全体とイオニア海が一望できます。カターニア門を出てすぐ右の道を上ると、マドンナ・デッラ・ロッカへと続く階段が現れます。ゆっくり登って20分程でしょう。なかなかの急勾配ですので、体力に自信がない方はタクシーで行きましょう。

写真下左I右上にタオルミーナの城、その下方に「マドンナ・デッラ・ロッカ」
写真下右Jマドンナ・デッラ・ロッカからの眺め

●歩いておなかが空いたら
おなかが空いたら、シチリア名物アランチーノはいかがでしょうか。ライスコロッケのようなもので、シチリアのストリートフードの代表格。お店によって種類は色々ですが、定番のラグー(ミートソース)がおすすめです。ちなみに、州都のパレルモ地域ではアランチーナと呼ばれていますが、タオルミーナ含む東側では絶対にアランチーノ!言い間違いにはご注意くださいね。

>
写真下左Kシチリア名物アランチーノ   写真下右Lラグーのアランチーノ 


タオルミーナの散歩コース、いかがでしたか。30分程度で絶景スポットを巡ることができるので、滞在時間が短い方にもおすすめです。絶景の宝庫タオルミーナ、満喫して帰ってくださいね。 Buona passeggiata! よいお散歩を!



著者プロフィール
北田沙絵子(Kitada Saeko)

兵庫県出身。大学時代はスウェーデン語に没頭しスウェーデン留学も経験。しかしご縁があったのはシチリア人で、結婚を機に2018年よりシチリア在住。現在はフリーのライターと日本語教師。また、シチリアの魅力を日本に伝えるため、タオルミーナのイタリア語学校バビロニアにて日本人向けホリデー留学サポートを担当するほか、ウェブサイトやSNSを通してシチリアやタオルミーナの情報を発信している。
ウェブサイト:https://siciliahandbook.com/
バビロニア・イタリア言語文化センター:https://www.babilonia.it/




タオルミーナからこんにちは
このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2000 All rights reserved.