JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  トリノ Torino
15 Novembre 2012

■私の住む町番外編(6)
FIAT元会長夫妻のプライベート・コレクション
工場跡地リンゴットに一流作品がずらり


ジョヴァン二・エ・マレッラ・アニェッリ絵画館
Pinacoteca Giovanni e Marella Agnelli


                        >>> トリノインデックスページへ

案内人 宮本さやか



「Fabbrica Italiana Automobili Torino(トリノにあるイタリアの自動車工場)」の頭文字をとったFIAT社は、文字通り現代トリノの発達に多大なる貢献をした立役者だ。その元会長であるジョヴァンニ・アニェッリ氏とその妻マレッラ夫人のプライベート・コレクションを収蔵した絵画館が、この「ピナコテカ・ジョヴァン二・エ・マレッラ・アニェッリ」。

見本市会場、ショッピングセンター、ホテル等として活用されているフィアットの工場跡地であるリンゴットの一角に、あまり宣伝されることもなく、ひっそりとある。ところが、その充実度といったら世界の有名美術館たちに勝るとも劣らないほど。ピカソ、マチス、ルノアールにモジリアーニがずらりと並んでいるかと思えば、イギリスのエリザベス女王が大ファンというヴェベツィア風景画家のカナレット、そして18世紀後半から19世紀にかけて活躍した新古典主義の代表的彫刻家カノーヴァなどなど。

世界一小さい、と言ってもいいほどコンパクトなスペースに、これらの貴重な収蔵品が納められている。だから短時間かつ濃厚にアートな時間を過ごせる上、大型美術館にありがちな疲れたり、集中力が切れてしまうという残念感がないのもとても嬉しい。

おまけに、この絵画館の入場チケットがあるとリンゴットの屋上に出ることができるというオプションもある。この屋上、かつてフィアットの工場時代に使用されていた全長1,1キロのテストコースがある。フィアットの歴代の名車がここでテストされ、世に出たかと思うと、イタ車ファンにはたまらない。また工場跡を再開発した際に作られたレンツォ・ピアノ・デザインのガラス張りの国際会議場やヘリポートも間近に見ることができる上に、晴れていればトリノの街と遠くに連なるヨーロッパアルプス全景が目の前に広がる。

とても気持ちのいい時間を集中的に過ごせるスポットなので、時間をやりくりしてもぜひ、訪れてみて欲しいスポットだ。


私の住む町番外編・データ


Pinacoteca Giovanni e Marella Agnelli
ジョヴァン二・エ・マレッラ・アニェッリ絵画館

住所:Via Nizza, 230/103 - 10126 Torino リンゴット内
Tel: 011.0062713
行き方:トリノ ポルタ・ヌォーヴァ駅から地下鉄リンゴット方面にのり、リンゴット駅下車。リンゴット内ショッピングセンター 「8 Gallery」からPinacoteca行き専用エレベーターにて。
入場券: 大人:8ユーロ (特別展示がある場合は入場券込で10ユーロ)
開館日:火曜から日曜日 10:00ー19:00 (チケット売り場は18:15クローズ) 月曜休館 
特別閉館日:12月24、25、31日。1月1日は午後のみ開館
URL: http://pinacoteca-agnelli.it/visit/en/   


※トリノへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.