JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  トリノ Torino
15 Ottobre 2015

■SHOP/お買物はここで(7)
トリノ発祥のグリッシーニ
「トリノで一番おいしいお店」でどうぞ



パニフィーチョ・グラン・マードレ
Panificio Gran Madre  


                      >>> トリノインデックスページへ

案内人 宮本さやか



日本でもかなりポピュラーな存在になったグリッシーニ。ところが、グリッシーニがピエモンテ州のトリノ発祥ということは意外と知られていないのではないだろうか。

発祥の由来には諸説あるのだが、最もよく知られているのは、イタリアを統一したサボイア家、その王子様のために作られたというものだ。時は17世紀、まだイタリアが統一される前のトリノの宮廷でのできごと。幼少の頃から虚弱・胃弱で悩んでいた王子様の主治医が、ある時王家付きのパン職人に、カリカリになるまでよく焼いた、消化にいいパンを作るように命じた。このパンのおかげで王子は健康を取り戻し、後にシチリアおよびサルデニアも手中に収めた王様、ヴィットーリオ・アメデオ二世になったという。

そんな歴史を誇りに思うトリノ人は、グリッシーニが大好きだ。パンと一緒にグリッシーニが出て来ないレストランはないし、グリッシーニを売らないパン屋さんも皆無。添加物等一切入らず、消化にいいのは王子様が身を持って証明してくれたので、小さな子供のおやつの定番ともなっているし、小腹がすいた時、食前酒のおつまみに生ハムをまきつけて、などなどトリノ人の生活には欠かせない食べ物だ。

だからトリノのパン屋さんなら基本的にどこへ行ってもおいしいグリッシーニが買えるのだが、中でもオススメなのが「パニフィーチョ・グラン・マードレPanificio Gran Madre」のグリッシーニ。イタリア三大新聞の「ラ・スタンパLA STAMPA」トリノ版が行った「トリノで一番おいしいグリッシーニの店」調査でも高得点を記録。手でひねったような形で極細の「グリッシーニ・アッラクアGrissini all'acqua」(粉と塩、水だけの生地)は驚くほどカリカリで、次から次へと手が延びてしまう美味しさ。その他、定番のオリーブオイル風味All'olioから、タマネギCipolla入り、クルミNoci入り、オリーブOlive入り、ゴマSesamo入りなどの豊富な品揃えに加えて、ふすまCrusca入り、シリアルCereali入り等のヘルシーラインも。どれもこれも買いたくなってしまう。

トリノで一番美しい(と筆者が思う)ヴィットーリオ・ヴェネト広場Piazza Vittorio Venetoからポー川を渡ったグラン・マードレ地域に2軒の店舗がある。散歩がてらにグリッシーニをかじってみれば、トリノ人気分に浸れること間違いなし、だと思う。


ショップ・データ

Panificio Gran Madre
パニフィーチョ・グラン・マードレ

<店舗@>
住所:Corso Casale,32 10131 Torino
Tel:011-8196744
<店舗A>
住所:Via Monferrato,5  10131 Torino
Tel:011-8192623
場所:街の中心部カステッロ広場Piazza Castelloから13番トラム(Gran Madre行き)に乗り終点下車。モンフェラート通りVia Monferratoに入れば店舗Aがすぐ、そのまままっすぐ進み、Corso Casaleにつきあたると店舗@が。
営業時間:7:00-14:30,15:30-20:00  日曜定休
カード:10ユーロ以上から。Visa,Masterのみ。


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.