JAPANITALY Travel On-line

 
イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
ウンブリアの風 〜12ヶ月の歳時記〜
15 novembre 2009

第1回 オルヴィエート
天上の古都がジャズでフィーバー


粉川 妙

丘の上にそびえ立つ古都オルヴィエートOrvieto。イタリアでも有数の美しさを誇るドゥオーモをはじめ、中世の街並みやグルメなど旅行者にとって魅力満載です。12月末から年明けにかけて、ウンブリア・ジャズフェスタが行われることでも知られており、この時期は街一色がジャズの音色で溢れます。年越しはドゥオーモでジャズコンサートのさなか、新年のカウントダウンが行われるんですよ。そんな年越しも面白いですね。
写真トップ@: オルヴィエート全景
下左A: オルヴィエートのドゥオーモの美しいファサード、右B: 趣のあるオルヴィエート市内

オルヴィエートの歴史は古く、エトルリア時代から栄え、かつて教皇の隠れ処でもありました。トゥーフォという凝灰岩を用いた街並みは独特の美しさがあります。F.S.(国鉄)の駅からレトロなケーブルカーに乗り換え、街の中心地へ直行。「サン・パトリッツィオ」の井戸は降車場所からすぐなので、立ち寄るのもいいでしょう。カヴール通りCorso Cavourを西へ進めば、ポポロ宮殿やドゥオーモなどのエリアに到着。かわいい土産物屋や陶器屋が軒を連ねていて、見ているだけでウキウキします。

ドゥオーモはゴシック建築の骨頂で、豪華絢爛なファザードに思わずため息が。建築に3世紀もの歳月を費やし、のべ243人もの建築家や芸術家によって仕上げられたというから驚きですね。ドゥオーモ内のサン・ブリツィオ礼拝堂Capella di S.Brizioにあるルカ・シニョレッリ作のフレスコ画は必見。最後の審判をモチーフにした生々しい裸体の人物たちに、圧倒されるはずです。悪魔に連れ去られる娼婦は、シニョレッリの当時の愛人をモデルにしたそうで、よく見ればどの娼婦の顔も似ている気がします。

写真左C: サン・ブリツィオ礼拝堂内のルカ・シニョレッリ作のフレスコ画、右D: 食欲をそそる多彩なパスタ

食事処はチェントロに多数あります。ご当地パスタ・ウンブリケッリ(Umbrichelli)には、黒トリュフやイノシシのソースが絶品です。地元っ子おすすめのトラットリア『パロンバ』をはじめ、郷土料理が食べられるおいしいレストランが目白押しです。ワインは「オルヴィエート・クラッシコ(白)」や「ロッソ・オルヴィエターノ(赤)」など。あれこれ試すなら品揃え豊富な州立のエノテカもいいですね。また毎年10月には、スローフード祭りも行われ、食の発信地として活気づきます。

腹ごなしにカヴール通りから西の旧市街の古い町並みを散策しましょう。大通りから延びる小路は、まるでおとぎの国への入り口みたいで、想像力をかきたてられます。街の西端にある聖ジョヴェナーレ教会の広場からの景色は素晴らしく、晴れていればウンブリアの田園が、霧ならば雲海が眼下に立ち込めた不思議な風景に出会えます。

ウンブリアの風 〜12ヶ月の歳時記〜  著者プロフィール
粉川 妙 (Kokawa Tae)

中部イタリア、ウンブリア州スポレート市在住。ライター。
2005年スローフード協会の料理学校italcookのマスターコースを修了し、その後一年間のステージ(実地研修)を終え、イタリア地方料理を学んだ。地産地消、伝統料理の継承と革新、自給率など、関心テーマ。『ブタについての文化人類学的考察』を学士論文で書いて以来、ブタに関する食や文化をライフワークとする。最近はもっぱらAISのソムリエ資格を取るために奮闘中。
「スローフード」と「ウンブリア 美食の旅」情報満載のサイト 『ウンブリアの食卓から』 http://slowfood1.web.fc2.com/ 主宰。 日々の生活は『butakoの2年間の休暇』http://butako170.exblog.jp をどうぞ。
2008年8月に発売したフォトエッセイ『スロー風土の食卓から』(扶桑社)も、好評発売中。


データ
Dati
Orvieto オルヴィエート Orvieto

■オルヴィエートOrvietoへのアクセス:
F.S.(国鉄)でローマから1時間〜1時間15分
フィレンツェから1時間40〜2時間15分
オルヴィエート駅から街へはATCのケーブルカーかバスを利用 

■ウンブリア・ジャズ・フェスティバル開催日
毎年年末年始(2009/12/30-2010/1/4)
ウンブリア・ジャズ・フェスティバルUmbria Jazz公式サイト
http://www.umbriajazz.com/

写真クレジット
@C:Foto di Massimo Roncella - archivio S.T.A. dell'Orvietano
ABD:筆者(粉川妙)撮影


ウンブリアの風 〜12ヶ月の歳時記〜
小都市を訪ねる旅 アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.