JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  ヴェローナ Verona
15 Luglio 2016

■私の住む街番外編(3) 
ヴァルポリチェッラのワイナリー見学 アマローネや赤ワインの試飲もどうぞ  

アツイエンダ・アグリコラ・ズィメ
Azienda Agricola Zyme

                  >>> ヴェローナインデックスページへ

二代目案内人 田島 澄子



ヴェローナは世界遺産の町、そしてその近郊はとっても美味しいワインを作るワイナリーの宝庫。ヴェローナ近郊のワイン地方は、赤のヴァルポリチェッラ地方、白のソアーヴェ地方、発泡酒のドゥレッロ地方、ガルダ湖方面なら、赤、ロゼワインのバルドリーノ地方、フレッシュな白のルガーナ地方、クストーザ地方などがある。もう少し足を伸ばせば、イタリア最高級スパークリングワインの産地、フランチャコルタ地方、ヴェネツィア・トレビゾ方面なら、プロセッコで有名なヴァルドビアーデネ地方、トレンティーノ、アルト・アディジェ方面なら赤のテロレゴ地方、白のゲーヴルツトラミナー地方とイタリアを代表するワイン地方へ行くことも可能だ。

今回は赤ワイン地方、アマローネワインで有名なヴァルポリチェッラのZyme(ズィメ)ワイナリーをご紹介する。 Zymeは醸造家のチェレスティーノ・ガスパリ氏のワイナリー。チェレスティーノ氏はヴァルポリチェッラ地方のワインの神様とも言えるジュゼッペ・クインタレッリ氏の下でワイン醸造法を学び、また、フランスをはじめとする世界各地でブドウ栽培学、ワイン醸造法を学んだ後、現在の場所にワイナリーを構える。彼が醸造するワインは今や世界的に有名で一番の輸出先は日本という。クリエイティブでワイン作りに対する情熱と哲学は本当に奥深い。それは日本の職人たちととてもよく似ている。

ワイナリーの建物もとても個性的で前の道を通り過ぎると自然に目を引かれる。ワイナリーを見学するとあらゆるところに革新と伝統をテーマにした作りになっていて、とても興味深い見学ができる。熟成樽が置いてある、その起源を辿ると15世紀にさかのぼるカヴァも見所のひとつ。そしていうまでもなく、チェレスティーノ氏の作るワインはその情熱と哲学がボトル一本一本に込められていて、どれをティスティングしてみても香り高く、味わい深い。

ワインは世界最古のアルコール飲料で、今も私たちの食卓を彩る。イタリアはグルメの国。ヴェローナへお越しの際は是非、少し足を伸ばして、ワイナリー見学とテイスティングを楽しみお気に入りの一本をお土産にしてはいかがでしょうか。


足を延ばすと/近郊編・データ 

Azienda Agricola Zyme di Celestino Gaspari   
(アズィエンダ・アグリコラ・ズィメ・ディ・チェレスティーノ・ガスバリ)

住所:Via Ca del Pipa, 1 37029 San Pietro in Cariano ? Localita Mattonara, Verona, Italy
Tel: +39 045 7701108 Fax +39 045 6831477
Mail: info@zyme.it Web: http://www.zyme.it/
ワイナリー見学とワインテイスティングは要予約。メールまたは電話で予約可。
ワイナリー見学とテイスティング料金:
見学とテイスティング 15ユーロ、 見学とサラミ、チーズなどのおつまみ付きテイスティング 25ユーロ
営業時間:月-土 9.00 - 12.00、14.00 - 18.00
日、祝日は休業
ヴェローナからのアクセス方法: ヴェローナ・ポルタ・ヌオヴォ駅前始発、21番Domegliara(ドメリアーラ)行きバス(ヴェローナ市街も通る)で、Mattonara(マットナーラ)で下車(約30分)。 バス停からすぐ。バス料金:片道2.70ユーロ


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.