JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  ヴェローナ Verona
15 Marzo 2017

■私の住む街番外編(4) 
 
ヴァルポリチェッラ・クラシコ地区のワイナリー
Le Cantine di Valpolicella Zona Classica



                  >>> ヴェローナインデックスページへ

二代目案内人 田島 澄子



ヴェローナは世界遺産の街、その近郊はワイン産地としてイタリアンワインでは三本の指に入る世界的にも大変有名である。80年代頃まで、ブドウ農家はブドウを作り、「カンティーナ・ソチャーレ」、つまり、ワイン協同醸造所へと収穫したブドウ運んで、地域のブドウ農家協同でワインを醸造していた。90年代以降、各ブドウ農家でもそれまで、家庭で楽しむためのワイン作りを独自のブランドにし、伝統を守りつつ革新をめざした醸造を開始。今やいわゆる大手有名ブランド、または協同醸造所のワインとはまた一味異なる、個性的で、また遊び心もある、そして何よりも最高級のワインを醸造しているワイナリーが点在している。

今回は私が住むヴァルポリチェッラ・クラシコ地区について書いてみたい。ヴァルポリチェッラ地方はクラシコ地区と拡張地区にわかれる。 クラシコ地区はいわゆる古代ローマ時代からのワイン醸造の伝統を引き継ぎ、赤ワインを生産してきた地域で、ネグラール市、マラーノ市、フマーネ市、サン・ピエトロ・イン・カリアーノ市、サンタンブロージョ市の5市で醸造されるDOCまたはDOCG赤ワインである。ヴァルポリチェッラ・クラシコ地区で醸造されたワインは必ず、「valpolicella classico」とラベルに書かれている。一方、拡張地区は90年代にヴァルポリチェッラ・ワインの製造を許可された地域である。

ヴァルポリチェッラ・ワインの種類は爽やかな酸味の気軽に楽しめるクラシコ、少し贅沢なスーペリオーレ、まろやかさが加わるリパッソ、最高級辛口のアマローネ、古代ローマ時代にそのルーツをたどる甘口赤のレチョトの5種類である。

ヴェローナの街からこの地域へ行くにはバスを利用して行ける。ただ、いわゆる中小規模の個性的なワイナリーは丘陵地にありアクセスが難しいところもあるが、そういったところへは、現地発ツアーなどを利用していってみるといい。今回はバスと徒歩で比較的行きやすいワイナリーを以下に列挙してみた。

これまでヴェローナといえば世界遺産である街並みを散策して半日もあれば、一通り楽しんだということで次の旅先へ行ってしまうというのがパターン化していたようだ。しかし、ヴェローナはここを拠点として、北イタリアの各観光地へ出かけるにもいい立地条件であるし、郊外ではワイン畑が広がる田舎の風景を楽しみ、世界でも有数のイタリアン赤ワインのワイナリーを実際に尋ね、醸造家が我が娘や息子のことのように大切にそして情熱をもって語るワインを試飲するのはワインの味をさらに意味深いものに変える。ヴェローナを訪ねる機会に是非イタリアンワインの世界を掘り下げる楽しみも加えて頂きたい。


足を延ばすと/近郊編・データ 

Le Cantine di Valpolicella Zona Classica 
ヴァルポリチェッラ・クラシコ地区のワイナリー

●CANTINA VALPOLICELLA NEGRAR www.cantinanegrar.it  
交通アクセス:21番Negrar行きバスを利用, Negrar Cantina Socialeで下車
●TOMMASI www.tommasiwine.it  
交通アクセス:21番San Pietro in Cariano行きバスを利用, Pedemonte Via Compostrini 3で下車
●MANARA www.manaravini.it  
交通アクセス:21番San Pietro in Cariano行きバスを利用, San Floriano Via don Biasiで下車
●PIETRO ZARDINI  www.pietrozardini.it
交通アクセス:21番San Pietro in Cariano行きバスを利用, Mattonaraで下車
●ZYME’ www.zyme.it
交通アクセス:21番San Pietro in Cariano行きバスを利用, Mattonaraで下車

交通:カステルヴェッキオ前のバス停から出ているNegrar行きまたは、San Pietro in Cariano行きの21番のバスに乗るとヴァルポリチェッラ・クラシコ地区へ行ける。 バス料金:片道2.80ユーロ(料金は乗車の際にも払えるが、事前にT3チケットをtabacchiなどで購入することをお勧めします)

*各ワイナリーの訪問、試飲は要予約。
*ワイナリー訪問、試飲代は各ワイナリー、テイスティング内容によるが、15ユーロから30ユーロが相場

ヴェローナ発ワイナリーツアー
PAGUS WINE TOURS グループツアー(英語のみ)
www.valpolicellawinetours.com
プライベートツアー(日本語) 
www.italywinetours.jp/private-wine-tasting/

* ツアーについての日本語でのご質問お問い合わせは sumiko.verona@gmail.com へお気軽にご相談ください。

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.