JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  ヴィチェンツァ Vicenza
15 gennaio 2010

■私の住む町番外編(2)
お土産用「ラ・ガタ(雌猫)」ケーキも登場


ネコの町ヴィチェンツァ!


                           >>> ヴィチェンツァインデックスページへ

案内人 三浦和美



日本の観光地では必ず目にするお土産用のご当地銘菓、ヴェネト州の各都市にもパドヴァのDolce di Sant'Antonio(聖アントニオのお菓子)というケーキ、ヴェローナにはBaci di Giulietta(ジュリエッタのキス)というチョコクッキーがあり、ヴィチェンツァでもネコをトレードマークにしたケーキ、ラ・ガタLa Gataが登場した。

ヴィチェンツァがなぜネコなのか?だが、言い伝えによれば、1600年代にヴェネト地方をペスト(黒死病)が襲い、病原菌を運んでくるネズミを退治する為、ヴィチェンツァの町では大量の猫を飼っていたらしい。ヴェネトの各町のあだ名をもじった"Veneziani gran signori, Padovani gran dotori, Vicentini magnagati, Veronesi tuti mati"というフレーズは「ヴェネツィア人は貴族、パドヴァ人は学者、ヴィチェンツァ人は猫を食べ、ヴェローナ人は狂人」と訳すよりも、例えばmagnamocoliが"信心深い人"を指すようにmagnagatiという言葉は"猫だらけ"とする方が正解であろう。悲運のヒーローとして人気の高かったロベルト・バッジョが所属していた地元サッカーチーム、ヴィチェンツァのマスコットもネコで、ガットン・ガットーニGatton Gattoniというキャラクター名で親しまれている。ヴェネト方言で観衆の笑いをとるAnonima Magnagatiというコメディアン・グループも活躍中だ(イタリア語を知っている人でも彼らが何を言っているのかさっぱりわからないかもしれない)。いずれにしても、昔も今もネコは町の代表として、市民に愛され続けているのである。

La Gataケーキの材料は、地産の小麦粉、トウモロコシの粉、はちみつなどにアーモンドとカカオが加えられ、甘さを抑えた素朴な味わい。やはり特産のグラッパが風味づけの為に使われているが、アルコール分は完全に抜けているので、小さなお子さんやアルコールが苦手な人でもOKだ。防腐剤などの添加物を使用していない為、賞味期限は季節により30〜40日間。ヴィチェンツァ県内の指定パスティッチェリアやバールなどで1箱12ユーロで販売されている。愛らしいネコのイラストが入った化粧箱入りで、箱の中に入ったシートをケーキに置き、上から粉砂糖をふりかけるとケーキにネコの足跡が残る。県内の甘く芳香なDOCワイン、Breganze TorcolatoやRecioto di Gambellaraと一緒に召し上がってみてはいかが?

(単語はttなどの促音の綴りがtになるヴェネト表記を順守しました)


私の住む町番外編・データ
 

■La Gataケーキ(販売店リストなど)
www.lagata.it
■Vicenza Calcioマスコット、Gatton Gattoni
www.vicenza.com/matrix/categorie/1049/2049001/3049001001/temi/
mascotte/index.shtml

■Anonima Magnagati
www.magnagati.it 

※ヴィチェンツァへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.